「Google AdWords」の広告料金支払い方法にコンビニのセブンイレブンを追加

既に導入の他の主要コンビニと合わせ、全国のコンビニ店舗で支払い可能に
よろしければこちらもご覧ください

グーグルは、同社のGoogle検索でのキーワード連動広告「Google AdWords」の広告料金支払い方法に、新たにコンビニエンスストア最大手のセブンイレブンでのサービスを加えた、と4月22日発表した。全国約1万2000店のセブンイレブンの店舗で可能になる。Google AdWordsの支払いは、昨年8月にローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキの各コンビニで導入。今回セブンイレブンを追加したことで、全国の主要コンビニ店舗で支払えるようになった。コンビニでの支払いは他の方法と比べ、アカウントへの反映が1営業日以内(最短1時間)とスピーディーで、支払い時の手数料が無料といったメリットがある。

グーグル
http://www.google.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]