電通がソーシャルコミュニケーション専門のプランニングユニットを設置

公共性の高い広告やコンテンツ企画制作経験者を集め、効果的な企画を提案
よろしければこちらもご覧ください

電通は、公共性の高い広告やコンテンツ企画制作、キャンペーン企画立案、戦略立案に特化したソーシャルコミュニケーション専門のプランニングユニット「電通ソーシャル・デザイン・エンジン」を立ち上げ、4月1日活動開始する、と3月30日発表した。ユニットは、同社のソーシャル・プランニング局に設置。広告クリエーター、戦略プランナー、プロデューサーら7人が参加。メンバーは、環境広告やCSR(企業の社会的責任=Corporate Social Responsibility)、公共性の高い広告のニーズが高まる前から、この分野で活動。社内に分散していた専門スタッフをユニットとして集めることで、クライアントのソーシャルコミュニケーションの課題とニーズを合致させた効果的な企画を提案していく。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]