手嶋屋がオープンソースのSNSエンジン「OpenPNE」の新版「3.0」の提供を開始

さまざまなAPIを採用すると同時に外国語への対応を可能に
よろしければこちらもご覧ください

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)構築、ASPの手嶋屋は、同社を中心にオープンソース方式で開発を行っているSNSエンジン「OpenPNE」の新版「OpenPNE3.0」を提供開始した、と1月27日発表した。OpenPNE3.0では、アプリケーションの作成・利用を容易にするためさまざまなAPI(アプリケーションプログラムインターフェース)を採用するとともに、外国語への対応を可能にした。外国語は辞書ファイルを追加することで利用でき、まず英語・中国語ファイルを作成。さらにID連携機能を充実させ、複数の認証方式にも対応した。OpenPNEは無料で自由に利用できるSNSエンジン。企業やサークルなど約3万の組織に導入されているという。

手嶋屋
http://www.tejimaya.com/

OpenPNE
http://www.openpne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]