ねこすけがLPOツールをASPで無償公開、プログラムコードをオープンソースでも

ウェブマーケティング関連事業のねこすけは、ASP型のLPO(ランディングページ最適化)ツール「ねこすけLPO」を公開した、と6月24日発表した。名前、メールアドレス、パスワードを登録すれば無料で利用できる。指定したタグを挿入できればどんなサイトでも使える。LPOツールが動作するページを指定できるため、設定や管理も容易。表示するコンテンツを複数用意して、表示割合を指定したうえで表示させることも可能で、最適なコンテンツが把握できる。また、今日、昨日、1ヵ月間、3ヵ月間のレポートをグラフで表示。ログの保存期間は3ヵ月。1ヵ月のLPOツールによるコンテンツ書き換え上限は2万5000回。

ASPで公開のプログラムコードをオープンソースでも公開。ソースコードをダウンロードすることで自社内のサーバーで利用可能。同社は、1年以上前から既存顧客向けにLPOツールを提供。その結果、LPOを行うには調査、コンテンツ制作、効果検証などが必要で、LPOツールの価値はそれほど重要ではなく、サイトやコンテンツに対する考え方がポイントになると判断。LPOツールの敷居を下げ、ビジネスサイトでのコンテンツ見直しのきっかけにしてもらうため、今回無料公開したという。

ねこすけ
http://www.necosuke.jp/

ねこすけLPO
http://lpo.necosuke.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]