データセクションが国内外のウェブに存在する情報のクローリング代行サービス

システム企画、プログラム開発・運用のデータセクションは、国内外のウェブ上に存在する情報のクローリング代行サービスを開始する、と6月24日発表した。クローリングは特定の目的に関連したウェブ上の文書や画像などのデータを定期的に収集することで、収集データは目的別検索エンジン、トレンド解析などのマーケティングデータ、不適切な書き込みに対するアラートなどに活用できる。

クローリング代行サービスでは、対象サイトの定期的な巡回と情報収集を行い、不適切なデータを取り除くクレンジング処理をしてデータ提供する。料金は月額30万円から。同社はこれまで国内主要ブログの約5億記事や海外約60のニュースサイトをはじめ多数のクローリング実績があり、データの分析・活用のノウハウを活用してウェブ上の情報のクローリングを行うという。

データセクション
http://www.datasection.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]