日本ブランド戦略研究所の「BtoBサイト調査2008」でトップはオムロン

よろしければこちらもご覧ください

ブランドやウェブ戦略に関するコンサルティング会社、日本ブランド戦略研究所は6月11日、法人顧客向け企業サイトのビジネス貢献度を評価する「BtoBサイト調査2008」の結果を発表。製品・サービスの購入関係者に占めるニーズ充足者の割合で、1位はオムロン(FA・制御機器)だった。調査は4月から5月にかけて16の業種、264サイトを対象に、各業種の分野別に抽出したBtoBの製品・サービスの購入関係者にインターネットで実施。1万987人が回答した。オムロンはニーズ充足者の割合が57%と最も高かったほか、業務目的でのアクセス経験者の割合も全264サイト中最高だった。

ニーズ充足者の割合の2位はキーエンス(FA・制御機器)、同3位はデル(サーバー)。以下4~10位は次の通り。ミスミ(FA・機械部品)、SMC(FA・機械部品)、三菱電機(FA・制御機器)、TOTO(建材・住設機器)、キヤノン(オフィス機器)、松下電工/照明・電気設備(建材・住設機器)、松下電工/住宅設備・建材(建材・住設機器)。11~20位は、INAX(建材・住設機器)、NTN(FA・機械部品)、日本HP(サーバー)、和光純薬工業(ライフサイエンス)、富士電機機器制御(FA・制御機器)、THK(FA・機械部品)、松下電工(FA・制御機器)、日本精工(FA・機械部品)、トステム(建材・住設機器)、マイクロソフト(ソフトウエア)。

日本ブランド戦略研究所
http://japanbrand.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]