アイルがユーザーに代わって管理、運用を行う「システム運用代行サービス」開始

ホスティング事業のGMOホスティング&セキュリティは、同社のホスティングブランド「アイル」で、ユーザーに代わってサーバーやOS、ミドルウェアの運用、管理を行う「システム運用代行サービス」を3月6日開始した、と同日発表した。同社がユーザーの代わりに管理者権限を保有して専用サーバーの運用と管理を請け負うサービス。サイトの大容量化やネット犯罪への対抗に伴うサーバー運用技術の高度化や、ソフトのSaaS、ASP化によって高まりつつある大規模システムの運用、管理ニーズに応える。

ハウジングサービスを利用してサーバーシステムを自社の技術者に運用、管理させると、人件費に加えて数百万の初期費用、百数十万の月額費用がかかるが、この代行サービスでは同等のシステムで初期費用50~100万円、月額費用20~50万円で構築、運用、管理が可能になり、コストが削減できるという。代行サービスには「システム運用フルアウトソーシング」「監視・障害一次対応パッケージ」「設定作業代行パッケージ、」「ホットスタンドバイ管理パッケージ」がある。

GMOホスティング&セキュリティ
http://gmo-hs.com/

アイル
http://isle.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]