ロックオンがオープンソースのECサイトシステム、EC-CUBEのバージョン2.0正式版

[AD]

EC関連ソフト開発、販売のロックオンは、同社が開発したECサイト構築システムをオープンソースとして公開したECパッケージ「EC-CUBE(イーシー・キューブ)」のバージョン2.0の正式版をリリースした、と12月4日発表した。11月に2.0ベータ版を公開した後、開発コミュニティでの報告などによってバグフィクスを行い、今回正式版をリリース。EC-CUBE2.0では、1商品の複数カテゴリ登録に対応したほか、デザインテンプレートでCSSレイアウトを採用、文字コードを従来のEUC-JPから多言語化に対応したUTF-8に変更した。また、有料で行う自動アップデート機能も搭載した。

EC-CUBEは、無料でダウンロードして利用可能なECパッケージ。オープンソースのため、ASPのレンタルカートのような制約を受けることなく、ソースコードをカスタマイズしてオリジナルのECサイトが構築できるという。インストールや機能カスタマイズなど技術的な質問にメールや電話で回答するテクニカルサポートライセンスを受けると料金がかかる。メールのみの回答は6ヵ月31万5000円、メールと電話は同52万5000円。回答数に応じて追加料金も必要。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

EC-CUBE
http://www.ec-cube.net/

よろしければこちらもご覧ください
[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]