ネットと紙媒体の広告運用・管理を統合管理するアドネットワーク「xmax」

よろしければこちらもご覧ください

セプテーニ・コマース・アンド・テクノロジーは、商号を「株式会社セプテーニ・クロスゲート」に変更し、インターネットと紙媒体での成果報酬型広告サービスを統合したアドネットワークサービス「xmax」を10月1日より開始する。

xmaxは、親会社であるセプテーニのインシップ(広告主の販促物カタログを商品へ同封・同梱する)事業と紙媒体のアフィリエイト事業を継承し、両者が独自に保有していた成果報酬型広告サービスを統合したもので、新たにオンラインとオフライン双方向の広告出稿のマッチングを可能にし、広範囲で無駄のない媒体の選別が可能になる。

また、運用・管理を一元化して管理できるのも特徴だ。検索エンジンマーケティングが拡大する昨今、アフィリエイト広告の活用シーンが広がる一方で、広告担当者の出稿・運用管理負担が大きくなりつつあるが、xmaxでは1つのツールで運用や広告成果状況の一元管理が可能で、広告担当者の負担を軽減できるという。

セプテーニ・クロスゲートでは、グループ内で保有するオンライン・オフライン広告のノウハウを集結し、マルチチャネルにおけるアドネットワークのプラットフォームを提供し、広告主と媒体をつないだ包括的なマーケティングを促進していくとしている。

セプテーニ
http://www.septeni.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

mixi
2004年2月からサービスを開始したソーシャルネットワーキングサービス(SNS) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]