バリューコマース、コンテンツ連動型広告配信サービスを開始

バリューコマースは8月31日、クリック課金型(CPC)のコンテンツ連動型広告配信サービス「マッチスマート」の開始を発表した。日本語解析技術はヤフーが提供する。

マッチスマートは、Yahoo! JAPANの日本語解析技術により、ウェブサイトのコンテンツを解析して広告と適合性が高いサイトに広告を表示するサービス。広告主はより広告効果の高い広告掲載サイトへ広告を出すことが可能になる。
掲載サイトにとっては、サイトの内容にマッチしたと広告が掲載されることで、広告のクリック数増大が見込める。

マッチスマートが提供する掲載サイトは、バリューコマースが事前に審査し、サイトの表示数や内容などにより「サブネットワーク」というグループで分類される。これにより、広告主がより簡単に広告に適したサイトを選ぶことができる。

広告費の最低支払額は3,000円。掲載開始後の管理機能を利用すれば、過去12か月間の実績レポート及び売り上げレポートを確認できる。

マッチスマート
http://www.matchsmart.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]