ad:tech tokyo特集

「ad:tech tokyo 2023」が開幕! 240名の現役トップマーケターが集う【10/19・20 開催】

総勢240名の現役トップマーケターが登壇する「ad:tech tokyo 2023」の様子をレポートする。

2023年10月19日(木)・20日(金)、コムエクスポジアム・ジャパンが「ad:tech tokyo 2023」を開催。

昨年からリアルのみで開催しているが、今年も引き続きリアルのみで開催している。会場は、東京ミッドタウンとザ・リッツ・カールトン。

アドテック東京を背景に写真が撮れるフォトスペース

受付

受付

アドテック東京の受付は、東京ミッドタウン地下1階のホール&カンファレンス ホールBで行っている。事前登録したチケットのバーコードを読み込んでチェックインし、印刷されたパスを首から提げる。

今年のトートバックは、黒でシンプルなものに。展示ブースを回ると多数の資料をもらえるので、ゲットしておくと便利。無料でもらえる。

無料でもらえる黒のシンプルなトートバック

床に会場案内版が映し出されている。

床に案内が映し出されている

キーノート

キーノートの開催場所は、ザ・リッツカールトン東京2Fのグランドボールルーム(Grand Ball Room)。2日間で、総勢240名の現役トップマーケターが登壇する。開催に先立って、コムエクスポジアム・ジャパン代表の古市優子氏が挨拶を行った。

挨拶するコムエクスポジアム・ジャパン代表の古市優子氏

朝10時からのキーノートは、立ち見客が出るほどの超満員に。

キーノートは立ち見客が出るほどの超満員に

「マーケティングを進化させるAmazon Adsの分析的アプローチ」のテーマで、アマゾンアドジャパンの石井哲氏とアサヒ飲料株式会社の野村和彦氏が登壇し、Amazon上での施策について語った。

(左から)アマゾンアドジャパン 石井哲氏、アサヒ飲料株式会社 野村和彦氏
会場の横にも大きなスクリーンが2つある。別々の内容を映し出すこともできる

英語の講演は、会場正面と横のサブモニターで、AIによるリアルタイム自動翻訳を採用している。

英語のセッションも安心

展示会・Exhibition Stage

展示会・Exhibition Stageは、東京ミッドタウン地下1階のホール&カンファレンス ホールA、ホールBで開催されている。午前中から展示会ブースも多くの人で賑わっていた。

にぎわう展示会場所

展示会場内に設置された2か所のエグジビションステージでは、2日間で22の講演が予定されている。 

エグジビジョンステージ1での講演
エグジビジョンステージ2での講演

迷子になりやすい筆者でもわかりやすく通常の案内板の下にアドテックへの行き方を示したものがあり、安心した。

案内板があるのでわかりやすい

ハッシュタグ「#adtechtokyo」を検索してみると、より会場の様子がわかるのではないだろうか。

アドテック東京の詳細は、こちらから。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]