Ledge.ai出張所 Ledge.ai出張所

AIで広がるマーケティングオートメーションの可能性。各社の取り組みをまとめてみた

今も盛り上がりを見せるマーケティングオートメーションでのAI活用が期待されています。今回はMA×AIの実例をまとめました。

マーケティングオートメーション元年と言われて数年立っているような気もしますが、未だに盛り上がりを見せているマーケティングオートメーションの分野。マーケティングオートメーション自体が顧客の属性や行動履歴を元にアクションを打つというツールなので、もちろんAIとの掛け合わせも期待されています。

シナリオの設計や、分析などをAIで行えるようになったらかなり効率的ですよね。

今回はそんなマーケティングオートメーション×AIの実例をまとめていきます。

マーケティングプロセス全体が対象。マーケティングオートメーション×AIによる次世代マーケティング – b→dash

株式会社フロムスクラッチが提供する次世代マーケティングプラットフォーム「b→dash」は、マーケティングオートメーション×AIでこれまでにない新しい取り組みをしています。

これまではAIとの連携で「集客施策領域」にとどまっていた機能が、「販売促進」「売上・顧客管理」の領域まで裾野を広げ、さらには「次回施策の提案」「改善策の提示」まで可能となったのだとか。

そんな新たなb→dashの機能のイメージは以下の通り。

  • 顧客生涯価値(LTV)を基点として分析し、ベストプラクティスをAIが明らかにする。それをもとに次回施策の提案レコメンドが実現
  • 分析業務やレポーティング業務を全て自動化
  • AIが分析結果、施策結果を自動で機械学習。精度が向上していく

というように、仮説生成の部分と施策結果検証の部分でAIを用いていることが分かります。AIが仮説を立て、検証し、学習していくことで、より正確に収益を最大化できるような施策を提案できるようになります。
>>b→dash

AIでリードを自動評価。購入可能性が高いか低いかをスコアリング – MAJIN

これまでマーケターを苦しませてきた、過去にCVした顧客の膨大なデータを分析してスコア設計するといった途方もない作業を効率化すべく誕生したのが株式会社ジーニーが提供するマーケティングオートメーションツール「MAJIN」の「AIスコアリング」機能。

「AIスコアリング」のプロセスをまとめると以下のような感じ。

  • 過去にCVした顧客の行動履歴データを集計・分析・評価
  • 機械学習でCVし易い傾向を予測
  • その結果をもとに、スコアリングロジックを生成
  • 各リードに対しスコアを付与・集計
  • 購買検討度の可視化

AIによってリードの関心度が明確に分かるようになり、マーケターはリードの管理がより簡単に。よりスコアの高いリードにアプローチすることで、効率的にCVにつなげていくことができます。
>>MAJIN

マーケティング人材不足を解消?販促シナリオを設計するAI – HITACHI

HITACHIが提供するマーケティングオートメーションサービスは、ツール本体の提供ではなく、なんとシナリオ設計を完全自動化してしまうというAIツールです。
マーケティングオートメーション導入時、その効果を発揮するためにもっとも重要なシナリオ設計を完全自動化できるのはもちろん、素人がテンプレートから選択したシナリオなどではなく、各企業ごとのKPIツリーから、最適化したシナリオを提案してくれるのだという……

そのプロセスをまとめると以下の通り。

  • KGI達成のために必要なKPIを施策要素レベルまで落とし込み、テンプレートに従って選定
  • 膨大なKPI要素を日立のAIにインプット
  • 「誰に」「どの商品を」「いつ」推奨するかの販促シナリオを自動生成し提案する

本来マーケティングのプロフェッショナルが時間をかけて取り組むようなシナリオ設計や運用を、AIが代わりにやってくれることでマーケターの手間を大幅カットしてくれます。
また過去の販促シナリオの効果をAIが学習し、シナリオ設計の精度を日々向上させていきます。これにより施策効果を継続的に評価・改善できるので、販促効果が最大化できます。

このサービスを適用した企業の中には、ECサイトの業績が対前年比で売上・粗利ともに4~5%向上したという事例があったのだとか。
>>HITACHI

マーケティングオートメーションツールと人工知能によって人間の作業は最小化されていく?

マーケティングオートメーションツールでマーケティングを自動化していくというプロセスに、AIによる分析、学習、提案など+αの要素が加わることによって、スピード、効率、精度なんかも格段に向上します。

単純なマーケティングオートメーションツールは、これからはAIの機能と併合して最大限に自動化されたマーケティングツールへと昇華していくのかもしれませんね。

マーケティングオートメーションとAI、異なるツールなのですが組み合わさるとマーケティングにもたらす効果は絶大。今後もこのキーワードに注目しましょう。

Ledge.ai 編集部
Ledge.ai編集部です。最新Tech界隈の「なんかすごいね」を、『現場の提案』にするための情報をけっこうがんばってお送りします。

「AI:人工知能特化型メディア「Ledge.ai」」掲載のオリジナル版はこちらAIで広がるマーケティングオートメーションの可能性。各社の取り組みをまとめてみた | Ledge.ai(レッジ)

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

HCI
人間が使用するための対話型システムのデザイン、評価、実装に関連し、それら周辺の主 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]