はじめてWEBインターネット関連ニュース はじめてWEBニュース

テキストの修正箇所をカンタンに比較できる無料ツール「Diff(テキスト比較ツール)」登場

左右のテキストエリアにコピー&ペーストするだけ 結果はWordファイルとしてダウンロード可能
※「はじめてWEB」は2020年10月13日をもってサービスを終了しました。

2つのテキストを比較し、違いを確認できる「Diff(テキスト比較ツール)」を、KanaDeが2月18日に公開した。同社が運営するツールサイト「Web便利ツール@ツールタロウ」より、会員登録なし・無料で利用可能。

「Diff(テキスト比較ツール)」では、左右のエリアに、修正前・修正後それぞれテキストを入力(コピー&ペースト)し、「判定」ボタンをクリックすることで、違いをわかりやすく示してくれる。結果は画面下部に表示され、異なる個所が緑色で表示される。

「Diff(テキスト比較ツール)」トップページ画面。2つのテキストエリアに比較したいテキストを貼り付ける

「Diff(テキスト比較ツール)」判定結果の画面

チェックは文字単位で行われ、タブ記号や改行といった記号、英数字の半角・全角なども、違いとしてチェックできる。比較した結果は、Wordファイルとしてダウンロード可能。

チェック結果はWordファイルとしてダウンロードが可能

「Web便利ツール@ツールタロウ」では、そのほか

  • Whois
  • nslookup
  • IPアドレス確認
  • 画像リサイズ
  • 文字数・バイト数カウント
  • URLエンコード/デコード
  • QRコード生成/読み取り
  • HTMLエンティティ化

など、24ツールを公開中。いずれもブラウザから利用可能。一部ツールについては、実装のサンプルコード(Java)も公開されている。

参考リンク

Web担先生と初心者君のやさしいニュース解説

初心者君

Wordの変更履歴も便利だけど、こういう便利ツールも良いですよね。

Web担先生

メールマガジンの原稿や、ホームページの原稿など、上司や他の人が手を入れたなら、どこがどう変わったか、ちゃんと確認するのが大切だからね。

初心者君

すごいですよね、ボタン1つで違いを示せるなんて。

Web担先生

「Diff(差分)抽出」というのは、プログラミングの世界では基本の機能なんだよ。

初心者君

そうなんですねー。

Web担先生

実は、Wordでも同じことをできるんだよ。

初心者君

え? 変更履歴じゃなくて?

Web担先生

同じ「校閲」の「比較」「組み込み」という機能だ。

初心者君

へー。知らなかった。

Web担先生

使い方をWeb担の記事で解説しているから、読んでみるといいよ。

初心者君

はーい。

※「はじめてWEB」のオリジナル版は掲載を終了しました

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]