はじめてWEBインターネット関連ニュース はじめてWEBニュース

いいお客さんを大事にするための顧客分析ツール「RFM分析いいお客様Pro」がバージョンアップ

メール配信期間をチェックし、スパムメールと誤認されるのを防止
よろしければこちらもご覧ください
※「はじめてWEB」は2020年10月13日をもってサービスを終了しました。

顧客分析ツール「RFM分析いいお客様Pro」を、オズシステムが12月26日に「V2.7」にバージョンアップした。

「RFM分析いいお客様Pro」は、顧客管理(顧客分析)ツール。「最新購買日」「購買頻度」「購買金額」などで顧客を分析する「RFM分析」や、10等分でグループ分けを行う「デシル分析」などにより、ビジュアルなExcelシートを自動作成するWindowsソフトウェアだ。

「RFM分析いいお客様Pro」画面イメージ

ユーザーのRFM値を過去にさかのぼりながら時系列に把握できるほか、RFM値範囲を最大256通り自動増減させることにより、最適なRFM値範囲を見つけることができる。

さらに、顧客分析した結果に基づき、内蔵のDM宛先印刷/メール配信機能からメール発信・DM送付を行える。

最新版では、メール配信依頼で、指定期間以上経過していないメールは配信しない機能を追加。これにより、短期間にメールを送付してスパムメールと誤認されるのを防ぐことができる。また、デシル分析の計算時間が約10%高速化されたとのこと。

「RFM分析いいお客様Pro」のダウンロード販売価格は、3万8,000円(税別)。体験版も利用可能。365日間に使用期間が限定されている「RFM分析いいお客様Pro365」は、9,333円(税別)。

参考リンク

Web担先生と初心者君のやさしいニュース解説

初心者君

RFM分析って?

Web担先生

「RFM分析」とは、「Recency(直近のいつ購買したか)」「Frequency(どれぐらいの頻度で購買しているか)」「Monetary(どれぐらいの額を購買したか)」という3つの軸で既存の顧客をグループ分けして分析する手法だ。

初心者君

えーと。

Web担先生

たとえば、「結構な頻度で、かなりの金額を買ってくれていたのに、最近は買ってくれていない」お客さんがいたら、君ならどうする?

初心者君

「最近どうしてますか、こんな商品を仕入れました、サービスするから来てくださいよ」と声をかけたいですね。

Web担先生

でも、その声がけは、今も継続してよく買ってくれている人にはしたくないよね?

初心者君

そりゃ、何もしなくても買ってくれるなら、無理に割引するべきじゃないですからね。

Web担先生

既存のお客さん全員に、同じような対応をするのではなく、それぞれのお客さんがどんなタイプかにあわせて対応するために、RFM分析を使うんだね。

初心者君

もっというと、「頻繁に・いっぱい買ってくれる」良い常連さんを増やすために、ですよね。

Web担先生

うむ。もちろん、分類の仕方も、どのグループの人にどう対応するべきかも、業種や商材によって違うんだけどね。

初心者君

でも、おもしろそう。ちゃんとアクションに結びつけるのはちょっと難しいかもしれないですが、やってみたい分析ですね。

Web担先生

お、顧客分析に興味をもったね。いいことだ。

「はじめてWEB」掲載のオリジナル版はこちら:
いいお客さんを大事にするための顧客分析ツール「RFM分析いいお客様Pro」がバージョンアップ(2015/01/07)

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

見出しタグ
HTMLで見出しに使われるタグ。見出しのレベルによって<h1>から& ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]