日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

楽天が無料電話のバイバーを買収 3億ユーザーでLINEに対抗 楽天市場との連携を模索

バイバーの約3億人のユーザーに楽天市場をアピールする。
Viber
楽天が買収したViber

楽天は2月14日、無料通話サービス「Viber(バイバー)」を手がけるViber Media(本社キプロス)を買収すると発表した。発行済株式の100%の取得および新株発行の引き受けを行う。買収総額は9億ドル(約920億円)。バイバーの約3億人のユーザーに楽天市場をアピールする。

今後、日本でのシェア拡大を進めるとともに、楽天との連携も進める。日本での無料通話サービスは「LINE」の一人勝ちの状態になっている。「LINE」もネット通販サービス「LINE MALL」をスタートしている。

・Viber Media Ltd.の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(プレスリリース)
http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2014/0214_04.html

・Viber(英語)
http://www.viber.com/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]