日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アマゾン、「Amazonインスタント・ビデオ」で映像配信サービス開始 マルチデバイス対応でレンタルは100円から

DVD販売などと連動したキャンペーンのほか、アマゾンが販売するタブレット「キンドル」の販売促進にも

アマゾンジャパンは11月26日、映像配信サービス「Amazonインスタント・ビデオ」ストアをオープンした。映画やテレビドラマ、アニメなど、2万6000本を超える作品を取りそろえる。映像配信サービスを始めることで、DVD販売などと連動したキャンペーンが行いやすくなるほか、アマゾンが販売するタブレット「キンドル」の販売促進にもつなげていく。

ハリウッドのヒット作品のほか、日本映画の最新作などを取りそろえる。今後も順次品ぞろえを拡大していく予定。

レンタルは30日間いつでも視聴でき、利用料金は100円から。購入は1000円からとなっている。「キンドル」を使えばワンタッチで購入できるほか、キンドルの最上級機種を使えば、無線で大画面テレビとつながり、テレビで視聴することも可能。

インターネットの映像配信サービスは国内では「ギャオ」「ツタヤドットコム」「DMM」など10社以上が事業を展開しているが、市場は成長段階にある。アマゾンが参入したことで市場の活性化が期待されている一方で、競争の激化も予想される。

・Amazonインスタント・ビデオ
http://www.amazon.co.jp/amazon-instant-video/b?node=2351649051

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]