忙しいWeb担当者のためのそのまま会議に出せる!FacebookネタPowerPointファイルをそのまま使用・配布OK!
そのまま会議に出せる!Facebookネタ

そのまま会議に出せる!Facebookネタ:タイムラインの新レイアウト、リーチ数減少の真相など

今月は、タイムラインの新レイアウト、App Centerの検索機能追加、リーチ数減少の真相などを解説する。

本連載の特徴 「Facebookの仕様がまた変わっている!」「いつの間にこんな機能が?」……そんなWeb担当者をフォローすべく、最新のFacebookネタを厳選して紹介していく(月1回連載)。

記事内容のポイントをまとめたPowerPointファイルは、自由に転載・コピー・共有・配布できます。会議の資料として、社内の勉強会で、部内の情報共有に、ぜひご自由にお使いください。
※PowerPointファイルの最終ページに記載されている「利用上の注意」に従ってください。

今回の内容

そのまま会議に出せる!FacebookネタPowerPointファイルはここからダウンロード可能
skdfbn003.ppt
全11ページ/2.9MB
  1. Facebook、タイムラインの新たなレイアウトをテスト導入中!
  2. Page Post Adのモバイルでの表示形式が変更!
  3. App Centerに検索機能を追加、アプリ検索連動型広告への第一歩か?
  4. Facebookページにグローバル化対応ページが登場
  5. 原因はエッジランクだった……Facebookでのリーチ数減少の真相があきらかに!!
  6. 知って得する!Facebook小ネタ集
そのまま会議に出せる!FacebookネタPowerPointファイルはここからダウンロード可能
これらの画像をクリックしても、ファイルダウンロードは可能です。

ネタ1Facebook、タイムラインの新たなレイアウトをテスト導入中!

Facebookは米国時間10月31日に、タイムラインの新たなレイアウトのテストを開始しました(現時点では一部ユーザーのタイムラインのみ)。

新レイアウトによる変更点

  • 投稿コンテンツの掲載幅が広がります。
  • 投稿コンテンツはすべて左側に1列で表示されます(アクティビティや友達の表示はこれまで通り右側になります)。

ブランド・企業のFacebookページへの影響

現在は、一部のユーザー向けに新ページレイアウトでテスト中とのことです。ただ、テストの結果次第では、個人のタイムラインで反映、その後企業ページにも反映されることも考えられます。

※参照元サイト: CNET JAPAN Inside Facebook

ネタ2Page Post Adのモバイルでの表示形式が変更!

日本時間11月9日より、スマートフォンにおけるFacebook広告「Page Post Ad」の表示形式が変更されました。

Facebook広告「Page Post Ad」とは?

利用目的 投稿に対するエンゲージメント向上/新規ファンの獲得
特長 広告上で投稿に対するアクション(いいね!、コメント、シェア)ができるとともに新規ファンの獲得にも活用できる。
表示対象 過去の投稿
掲載個所 PC→右側の枠&ニュースフィード モバイル→ニュースフィード
PC版の右側に表示されるPage Post Ad
PC版の右側に表示されるPage Post Ad

今回の変更点

今回の変更対象は、スマートフォン上での見え方のみとなります。変更前と変更後の広告のキャプチャを参照してください。

今回の変更点

※PC画面における表示方法の変更は、今のところありません。

変更による影響

  • いいね!、コメント、シェアをたくさん集めることができ、投稿のエンゲージメントが上がりやすくなります。
  • ファンになる動線がわかりにくくなったため、ファンの獲得率が低下し、ファン獲得単価が2~3倍程度に上昇している例もあります。

ファンの獲得単価高騰への考えられる対応

  1. まずは、新しいPage Post Adにおけるファン獲得単価の推移を確認します。
  2. その結果を受けて、スポンサー記事等、他の広告種類への予算配分変更などを検討します。

ネタ3App Centerに検索機能追加,アプリ検索連動型広告への第一歩か?

Facebookは米国時間11月1日、キーワード検索機能をApp Centerに追加しました。

検索機能の追加による影響

これまでは、カテゴリを選択してアプリを探していましたが、検索機能の追加により、手軽に目的のアプリを探せるようになりました。

検索機能の追加による影響

導入される検索連動型広告サービス

Facebookが近い将来App Centerにて、検索連動型広告サービスの提供を開始することもあり得るかもしれません。その場合、広告主は広告を表示させたいキーワードを選定、オークション方式で入札し、最高額を入札した広告を優先的に表示する、というリアルタイム入札方式を採用すると考えられます。

検索連動型広告を使ってできること

たとえば、カメラ編集アプリを提供している広告主は、ユーザーが“カメラ”と検索したときに、無数のカメラ編集アプリのなかから、最上位に自社アプリを表示させ、ユーザーにインストールを促せます。

※参照元サイト: ITmedia

ネタ4Facebookページにグローバル化対応ページが登場

Facebookは米国時間10月17日に、言語の違うファンを持つブランドや企業向けに、Facebookページのグローバル化対応を発表しました。

Facebookがグローバル化対応ページを用意した経緯

  • Facebookの抱えていた課題

    これまでのFacebookページは、制作された言語で表示されており、海外のファンが見てもページの内容がわからない状態でした(日本語で制作された場合、日本語でのみ表示されるため)。

  • その解決策

    グローバルページを用意して海外のユーザーが来ても母国語に翻訳して表示できるようにしました。

    ※何カ国語まで翻訳できるかは、未確認

グローバルページと各国ページの関連性

グローバルページと各国ページの関連性

グローバルページにより統合される項目

  • ファン数
  • URL
  • ページインサイト

どんなときに使うのか?

  • 世界中に顧客がいるものの、日本語のFacebookページしか運営しておらず、今後海外向けのFacebookページを検討している場合。
  • 各国にFacebookページが存在しており、ファン数を統合して多く見せたい場合。

グローバルページを作成することによるメリットとデメリット

  • メリット

    ファン数が多いページと見せられる(表向きはファンが多い=人気のあるページと思わせられる)。

    各国のFacebookページの制作や運用にかかる作業を削減できる。

  • デメリット

    グローバルページ単体のインサイトが確認できない。

    ※グローバルページのインサイトでは、各国のFacebookページの数値をすべて含んで確認できるようになる。

申請方法

広告ソリューション: お問い合わせページ」より問い合わせが可能。

※参照元サイト: TechCrunch

グローバルページを活用した事例

グローバルページを活用した事例

ネタ5原因はエッジランクだった……リーチ数減少の真相があきらかに!!

9月後半から国内外で多発していたFacebookページのリーチ数落ち込みについて、海外SNSニュースサイトにて、その原因となる“エッジランク計測アルゴリズム”の変更に関する解説がありましたので、ご紹介します。

突然のリーチ数減少

9月20日より世界的に減少していたFacebookページのリーチ数に関して、米国最大手マーケティングコンサルタントOglivyは、「Facebookが9月20日にエッジランクのアルゴリズムを変更した」と報告しました。

突然のリーチ数減少

原因はエッジランク計測アルゴリズムの変更

今回のアルゴリズム変更で、投稿コンテンツのエンゲージメントがさらに重要視されるようになったとのことです。そのため、エンゲージメントの低いページのリーチ数が下がる一方で、エンゲージメントの高いページのリーチ数は伸びる傾向にあるそうです。

そもそもエッジランクとは?

ニュースフィード上に流れてくるコンテンツを選定するFacebook独自のアルゴリズムです。親密度(Affinity Score)、重み(Weight)、時間(Time)の3要素から構成されています。エッジランク計測の結果ユーザーにとって重要でないと判断された投稿は、ニュースフィードには流れない仕組みになっています。

より重要視されるユーザーとのエンゲージメント

リーチを下げないために、これまで以上に投稿のエンゲージメントを企業のFacebookページは意識する必要があります。これまで投稿してきたネタを振り返り、エンゲージメントの高かった投稿の傾向を分析し、その要素を今後の投稿に取り入れていくことが、リーチを高めるための1つの対応策になると思います。

※本調査データ
さまざまな規模のファン数を持つ3,000のFacebookページを対象に、米国時間9月20日の前後1週間のリーチを計測。

※参照元サイト: Inside Facebook  Simply Zesty  メンバーズコラム

ネタ6知って得する!Facebook小ネタ集

Facebookモバイルで「シェアボタン」機能を追加

PCのシェア機能と同様、ユーザーはモバイル上のシェアボタンを押すことで、友達やFacebookページの投稿をシェアできるようになりました。シェア機能はすでにFacebookモバイルアプリ、モバイルブラウザともに導入済みです。

※参照元サイト: Tech Crunch

Facebookモバイルで「シェアボタン」機能を追加

Facebookページのフィード

ユーザーがいいね!を押したページのみを表示できる新機能「Facebookページのフィード」がニュースフィード左側に導入されました。

Facebookページのフィード

クリック後のページでは、いいね!を押したページからの最新投稿がページに表示され、友達の情報は表示されなくなります。

◇◇◇

『そのまま会議に出せる!Facebookネタ』連載3回目でしたが、いかがでしたでしょうか? 本コラムでは、今後もFacebookを中心とした最新かつ重要な情報を発信していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet35はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NSFW
Not safe for workの略。直訳すると「職場向けとしては安全ではない ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]