日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

かわしま屋がネット通販事業に参入、全国の厳選食材を販売

現在の取扱商品数は約20品目。今年9月までに100種類に拡大させる。

全国から集めた厳選食材を販売する かわしま屋(本社東京都、河島酉里社長)は3月7日、天然塩や伝統的な方法で製造したしょうゆなどを取り扱う通販サイトを開設、ネット通販事業に参入した。現在の取扱商品数は約20品目。今年9月までに100種類に拡大させる。

通販サイト「かわしま屋」では、京都府の茶園で無農薬で栽培された番茶や、化学薬品を使わずに精油した鹿児島県産の黒ごま油など「小さい子どもや妊婦も安心して食べられる」(河島社長)食材を販売。生産数に限りがある商品は顧客1人当たりの販売数を限定している。

4月には英語のサイトを開設する予定。海外ユーザーにも日本国内の食材を販売して売り上げ拡大を目指す。

・かわしま屋
http://kawashima-ya.jp/

・かわしま屋のFacebookページ
https://www.facebook.com/kawasimaya

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]