有名サイト、かってに解析!

作成する申告書の種類を選択して、作成開始

作成する申告書の種類を選択して、作成開始

次は図8の作成する申告書の種類を選択するページだ。しかしながら、住所氏名を入力させた後で(図6)、作成する申告書を選択する分岐ページ(図8)があるという流れは、あまり良いとは思えない。というのも、もしここで選択に迷って、ページ下部の[トップページへ戻る]ボタンを思わずクリックしてしまった場合に、先ほど入力したデータは保存されているとは思えないからだ。おそらくこの順番でないと、データの整合性がとれなくなるのだと思うが、図8のページで、作成する申告書の種類が決まってから、図6の住所等入力に誘導する方がよいのではないだろうか。ともあれ、ここでは、上から2番目の[所得税の確定申告書作成コーナー]のボタンを押して、次へ進む。

図8:「作成申告書等の選択・作成開始」ページ
図8:「作成申告書等の選択・作成開始」ページ

ここでは質問形式による申告書作成という方法もある(下の図9の赤枠で囲んだ部分)。税金関係の言葉は難しいものが多いし、様々な控除や特例などの条件も多いので、初心者にはこういう選択肢があるのはよいことだ。ここでは右の「左記に該当しない方」、すなわち「申告書B様式」の方をクリックして先へ進む。

図9:「申告書選択」ページ
図9:「申告書選択」ページ

すると、「申告書の作成をはじめる前に」(下の図10)というページが表示され、電子申告についてもう1度確認させられる(赤枠で囲んだ部分)。かなり最初の方のページで提出方法の選択画面(図3)でe-Taxは選択しないで進んできたのに、ここでもう1度確認する意図がよくわからない。まあ図3のページでの選択が反映され、「印刷して提出する」の方のラジオボタンがあらかじめ選択されているので、特に問題はないのだが。

図10:「申告書の作成をはじめる前に」のページ
図10:「申告書の作成をはじめる前に」のページ

ここでは、生年月日を入れるだけなのに、わざわざ1ページを使っているのは無駄が多いと感じた。生年月日を入力の上、[入力終了(次へ)]をクリックする。

とりあえず今回はここまでにしよう。後半となる次回は、いよいよ申告書類の本体のデータを入力する部分に入っていくことになる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]