日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

東急ハンズ オリジナルデザインできる新ECサービス「ハンズカスタマイズサービス」

オリジナルデザインという付加価値を付けて、ECの利用者のさらなる拡大につなげる。

東急ハンズ(本社東京)は12月13日、自分でデザインした商品をネットで購入できるサービスをECサイト〈ハンズネット〉で始めた。オリジナルデザインという付加価値を付けて、ECの利用者のさらなる拡大につなげる。

サービスの名称は「ハンズカスタマイズサービス」。ネット上で文字や写真などを商品に印字できる。デザインを施せるのはTシャツ、バッグなど約16アイテム。

オリジナルデザインの商品をつくるネットサービスの需要が増えてきており、東急ハンズも進出した。イベントや記念品などの利用を見込んでいる。

同社は膨大な商品点数を武器に実店舗販売で事業を拡大してきたが、ECの普及でその優位性が薄れてきている。現在、ツイッター連動型の在庫確認サービスの開始や、学生とのイベント企画を実施するなど、新たな展開に乗り出している。

同社の10年3月期のEC売上は10億円未満となっている。

・ハンズカスタマイズサービス
http://www.hands-net.jp/shop/special/customize/index.html

・東急ハンズのネット通販「ハンズネット」
http://www.hands-net.jp/shop/top/CSfTop.jsp

ハンズカスタマイズサービス

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]