ビジネス目的別企業Webサイト成功の法則

ユーザーのニーズに合わせた切り口を設け、最適なコンテンツへ誘導する

ページ

よろしければこちらもご覧ください

サイト要素ユーザーのニーズに合わせた切り口を設け、最適なコンテンツへ誘導する

これまでの内容を踏まえて必要な要素を洗い出してみました。自社のサイトと見比べて漏れがないか確認してみてください。

法人向けサイトのためのコンテンツ
  • ソリューション(問題解決)情報:ユーザーの視点で問題提起をし、サービスや商品に誘導していくコンテンツ。
  • 事例情報:業種別、目的別、導入商品別などでインデックスを設ける。規模感を伝え、ユーザーが自分たちにとって有効かを判断できる情報を掲載する。
  • 商品・サービス情報:文系のマネジメント層とエンジニアなどの専門担当者、双方のニーズを満たし、どちらの入り口からも閲覧できる構造にする。
  • セミナー情報:誰向けかを明記するとともに、参加することでどのような問題が解決するかを掲載する。
  • 問い合わせ・導入支援:ユーザーが対応してほしい事柄・要望に最適な対応窓口へ誘導する。

サイト構造図利用者が欲しい情報を探しやすくするために

サイト構造図

ユーザーのニーズに合わせた「ソリューション」「事例」「商品・サービス」の3つの切り口を用意。それぞれのページへスムーズに遷移できる関連リンクを設けて、最適なコンテンツへたどり着ける構造にする。

関連リンクのイメージ図

「ソリューション」「事例」「商品・サービス」の各種関連情報には、「関連リンク」のエリアを設け、関連するページ同士が相互にリンクするよう設計する。相互リンクにすることで、どの切り口で訪れても、3つのコンテンツを訪れることができ、その企業が提供するものについて、ユーザーの理解を促進できる。

判定指標法人向けサイト基本コンテンツのKPI

  • 送客数
    営業担当部署にいかに有効な顧客を送客するかが法人向けWebサイトの成果です。問い合わせ数や資料請求数、セミナーやイベントへの参加申し込み数などが送客の測定数値となるため、それらの数値が測定できるようにアクセス解析ツールを導入します。総訪問者のうち、送客した人数を定点観測するとともに、ミクロでは、それぞれのアクション(成果)へのコンバージョンルートを検証し、チューニングをしながら成果を出す更新・運用を行うことが重要です。営業担当部署に対して新たな見込み客をリスト化して渡せるよう、業務フローについても営業チームと連携して体制構築をしてみましょう。

法人向けサイト基本コンテンツのチートシート

  • 全体の流れを振り返って確認したい
  • これから企画書を書くときの参考にしたい
  • 社内の会議で参考資料として配布したい……など

そんな時にはこのPDFを印刷して活用してください。記事の内容を凝縮してA4 1枚のチートシートにまとめて、さらに自社用にも書き込めるようにしています。

企業サイト成功のためのチートシート
◇◇◇

3回連続の法人向け企業Webサイトについて、第1回は法人向けサイトの基本コンテンツに焦点を合わせてお話をしました。次回は、営業提携について解説していきます。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]