約50種類の広告配信データを集約しデータ分析を効率化〜kintoneやAmazon S3との連携をノーコード開発で内製化〜<アドウェイズのデータ連携ツール導入事例>

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連載。今回は、ASTERIA Warpを広告配信データ集約プロジェクトのETL基盤として導入し、100時間の業務削減を達成した株式会社アドウェイズ様のASTERIA Warp導入事例をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社アドウェイズは、インターネット広告事業や、メディアやアプリの開発・運営事業など、幅広い事業をアジアを中心とした世界各国に展開している。約50種類の広告媒体から広告配信データを自動で集約・整形・配信する「広告配信データ集約プロジェクト」のETL基盤としてASTERIA Warpを導入した。

それまでは、広告配信データ収集は手作業で行っており、手間がかかっていた。また、営業業務と密接に関わる広告配信データの整形処理は、業務部門内でメンテナンス可能である必要があった。さらに、広告媒体の追加や取得データのカラム変更にも柔軟な対応が求められた。

ASTERIA Warpを導入することで、約50種類の広告配信データフォーマットを再利用しやすいフォーマットに整形し、Amazon S3にアップロードしデータを共有。手作業で行っていたデータ収集作業を自動化し、100時間の業務削減を達成。共通処理を部品化することでメンテナンス性を向上させ、運用者1名で十分対応可能に。クラウド移行により処理時間も1/2に短縮した。

システム概要図

ASTERIA Warpシステム概要図

今後は社内業務自動化ツールとして全社に展開し、Google Cloud StorageやBigQueryなどとの連携を検討したいとのことだ。

▼詳細を読む>>
https://www.asteria.com/jp/warp/case/w_adways/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]