FLoC オリジントライアル

FLoCとは、サイト訪問者のプライバシー保護と、ブラウザへの適切な広告配信を両立する新しいメカニズムのこと。グーグルが提唱し、W3Cにおいてその標準化が進められています。現在行われているオリジントライアルについて、データサイン代表太田が解説しました
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

20210603_LTT_flocOrigintrial@0.5x.png
毎週木曜日に配信している「データサイン・ランチタイムトーク」の模様をレポートします。

当記事で取り上げるのは以下の配信です。

  • 配信日:2021年6月3日
  • タイトル:FLoC オリジントライアル
  • 発表者:データサイン 代表取締役社長 太田祐一

サイト訪問者のブラウザを「興味コホート」と関連づける

FLoC(Federated Learning of Cohorts)とは、サイト訪問者のプライバシー保護と、ブラウザへの適切な広告配信を両立する新しいメカニズムのこと。既存のサードパーティーCookieによるターゲティング広告の代替としてグーグルが提唱し、W3Cにおいてその標準化が進められています。現在行われているオリジントライアルについて、データサイン代表取締役社長 太田祐一が解説しました。

FLoCは、サイト訪問者のインタレスト(興味)に基づいて広告を選択・配信する仕組みです。Chromeブラウザを提供するグーグルが2019年8月に公表したプライバシーサンドボックス構想に基づいて、アイデアの規格化やブラウザへの実装に向けた概念実証(PoC)が現在進められています。

オリジントライアルとは、ブラウザに新機能が正式にリリースされる前に実施される、パブリッシャーや広告主、アドテク事業者、ウェブ開発者向けのテストです。Chromeのバージョン89以降で、履歴データの同期を選択していること、サードパーティーCookieをブロックしていない、などいくつか条件を満たせば一般ユーザーもトラアイルに参加することが可能です。

「FLoCを主導しているのはグーグルですが、Chrome以外のブラウザ、たとえばSafariなどに正式実装された場合、各ブラウザで若干動作が異なることが想定されます。また、オリジントライアルは実装の前段階なのでブラウザが担う機能の一部を、グーグルが運営するサーバー側で代替していることが考えられます。グーグルによるPoCが含まれていることにご注意ください」(太田)

興味や関心で分類する「コホート」ってなに?

サードパーティーCookieを用いると、複数のウェブサイトを横断してアクセスしてきたブラウザを広告配信システム側が一意に識別することが可能です。

一方、FLoCでは、ブラウザをウェブサーバー側から一意に特定することができません。広告配信側に伝えられるのはコホートと呼ばれるある特徴を持った集団(広告におけるセグメント)のどれに帰属しているのか、という情報です。

「一例を挙げると、あるニュースサイト、旅行予約サイト、観光地の総合情報ポータルサイトの閲覧履歴を持つグループを1つのコホートに割り当てます。そして、コホートID『1番』というようにグループごとに識別子を付与します。あるチラシ・クーポンサイト、子供向けの通信学習サイト、ゲーム総合情報サイトを閲覧しているグループは別のコホートID(2番)にまとめる、という具合です。広告配信システム側は、『コホートID1番の人たちは、そのコホートの特徴を突き止め、観光旅行に興味・関心がありそうなビジネスパーソンかもしれないな。ならばこういう広告を表示しよう』というように広告戦略にコホートIDを活用します」(太田)

 

続きは、DataSignブログで

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]