【最新版】マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2021を発表

国内で最も広範囲に捉えた”マーケティングテクノロジー”のカオスマップ。1,317種類のテクノロジーを新たな13分類で一覧化。今年の特徴は、カスタマーサクセスや音声SNS等の「顧客接点の多様化」や 「オールインワンの出現」「顧客同意の必要性」等
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

アンダーワークス株式会社は、国内で利用可能な主要マーケティングテクノロジー1,317種類を分類した「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2021」を発表しました。

本カオスマップは今年で5回目のアップデートとなり、今回は、ダウンロードいただいた方から抽選で100名様に、カオスマップ1000ピースパズルのプレゼント企画も実施しています。

 

 

マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2021(アンダーワークス)_Ver.1.1 .png

「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2021」と今年の傾向

「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2021」は、例年に続きアンダーワークスが独自調査を経て取りまとめたもので、国内で利用可能なマーケティングテクノロジー1,317種類(2021年3月時点、昨年比7%増)を、新たな13分野で整理、一覧化しています。

前回発表時の2020年9月から今日までの間、新型コロナウイルスの影響により私たちの生活は大きく変わりました。企業のマーケティング活動においては、リモート化におけるバーチャルイベントや商談など「オフラインチャネルのデジタル化」、カスタマーサクセスや音声SNSなど新たな顧客接点への注目、多様な顧客接点のデータやテクノロジーを統合する「オールインワン」の出現といった特徴が見られます。さらに、サードパーティクッキーの規制により対応が求められる個人情報保護関連でのテクノロジー活用などのトピックスも注目されています。

しかし、顧客チャネルが多様化しテクノロジーも急増する一方で、マーケティングに関わる組織や施策が連携できていなかったり、各ツールを連動できていないといった課題を抱える企業は少なくありません。そこで、一人ひとりニーズの異なる顧客に対し、あらゆる顧客データを活用し、様々な顧客接点でパーソナライズされたコミュニケーションを行い、一貫した顧客体験を実現することで顧客とのエンゲージメントを促進する「マーケティングオーケストレーション」の動きが一層重要になっています。

 

1000ピースパズルが抽選で当たる! 遊びながらカオスを体感プレゼント

今回のカオスマップをダウンロードいただいた方から、抽選で100名様に「カオスマップ1000ピースパズル」をプレゼントいたします。1,317種類のマーケティングテクノロジーのカオスな状態を、遊び感覚で体感できるパズルとなっています。デジタルマーケティング学習のお供に、ぜひダウンロードでご応募いただけましたら幸いです。

  • 2021年8月末までにダウンロードいただいた方の中から、抽選で100名の方に「カオスマップ1000ピースパズル」が当たります。
  • 当選された方には、9月末までにアンダーワークスからメールにて連絡がございます。

 

■「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2021」ダウンロード

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]