会費徴収システムを選ぶポイント|おすすめはメールリンク型決済

事業者様がジムやスクールなどの会費を徴収する業務をシステム化する方法をご紹介しています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

kaihi_main.png

会費徴収システムを導入するメリット

ジムや各種スクールなどの会費の徴収方法を、会員や生徒が来店した際の現金支払いのみだと、会費を持参し忘れたや手持ちがないので次回支払いたいという要望が発生した場合に、事務作業が増えてしまうだけでなく未回収になるリスクも高まってしまいます。

会費徴収システムを導入すると、自動で月々の決済が行われるため、現金受け渡しの手間やリスクを減らすことが可能です。現金の保管やお釣りを用意する必要がなく、店頭で現金を管理する手間も不要になります。

会員にとっても、都度現金を用意する手間が減るため、満足度の向上につながるでしょう。キャッシュレス化が進む昨今では、ジムやスクールで会費を徴収する場面でのキャッシュレス決済への対応を希望する声もますます増えていくことが想定されます。

→続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]