ノーコードツールでデータ経営を強化!<株式会社システナのASTERIA Warp 事例インタビュー>

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連携。今回はASTERIA Warpユーザー企業様への活用事例インタビューをお届けします。今回は、システムのトータル・ソリューション・サービスを提供する株式会社システナ様です。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

システムの企画・設計・開発・導入から保守・ユーザサポートまでのトータル・ソリューション・サービスの提供している株式会社システナでは、中期経営計画の1つに自社製品『Canbus.』を使った経営データの見える化を挙げています。経営データ見える化の推進にあたり、Canbus.と独立した各種社内システム間のデータ連携ツールとしてASTERIA Warpをご採用いただきました。

ASTERIA Warpとのシステム概要図

Canbus. Adapter for ASTERIA Warp

今回は、連携処理の開発を担当された水田様にお話しを伺いました。

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.asteria.com/jp/warp/blog/20201021/83946.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]