【SNS分析で解決!】コロナ禍によって日々変化している顧客の声やインサイトを的確に捉えるには?

コロナ禍における顧客理解の変化について1000人に調査を実施
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんにちは。

SNS分析ツールのTalkwalkerです。

新型コロナウィルスの影響が今年に入ってからもまだ続いているなか、消費者や顧客の声は日々変化しています。オフラインのイベントや対面の接客などが激変し、代わりにデジタル上のコミュニケーションが加速しています。ニューノーマル時代、アフターコロナ時代では、SNSはもちろん、レビューサイトやブログ、そしてチャットボットなど、さまざまなチャネルで顧客の声を拾う受け皿を用意する必要があります。

今回は、弊社の最新資料である『2021年版:コロナ禍における顧客理解の変化を調査した最新動向レポート』から調査結果のハイライトをご紹介します。

本レポートでは、全世界を対象とする1000人以上の調査結果による回答、50名以上の専門家や有識者による意見を収集しています。国内に向けた調査では、国内でマーケティング、販売宣伝、SNS運営、PR・広報に携わる100名の方を対象にアンケート調査を実施しました。

下記は国内の調査結果になります↓

  • 回答者の93%は、新型コロナウイルスは消費者や顧客を理解する上で影響を与えたと回答
  • 回答者の60%は、SNSをカスタマーフィードバック及びサポートを主な目的として活用
  • 回答者の29%は、顧客の声を分析する際に直面する課題として全てのデータを網羅できていないと回答

新型コロナウィルスの影響が多く影響しているなか、SNSをカスタマーフィードバックやサポートに活用されているお声も多くありました。そして皆様がお悩みな点としてすべてのデータを網羅できないという点も浮き彫りになっています。

今回の調査結果からもわかるように、今後、SNSやオンラインにあるデータをリアルタイムにモニタリングし、データの中身を可視化していくといったテクノロジーやツールを活用するということは必要不可欠になっていくと予想されます。

弊社としては、このタイミングで是非SNS分析を取り入れてみることで、ニューノーマル時代やアフターコロナ時代を乗り越えられると確信しています。もう手作業の分析作業やレポート作成作業の時代は終わらせましょう!

特に今後は消費者インサイトや顧客の声がより複雑に、さまざまなプラットフォームに散らばっていくことが考えられます。SNS分析では、リアルタイムに彼らの声を捉え、ダッシュボード上で分かりやすく可視化されますので、そのデータを基に、的確にキャンペーンの最適化や戦略の策定、競合他社の動きを見に行くことができますよ。

本レポートでは、インサイト調査の結果だけではなく、主要な業界に絞ったSNS分析の事例もご紹介しています↓

  • 自動車業界:環境にやさしい移動手段の需要が急増
  • 製薬・ヘルスケア業界:新型コロナウイルスに関連する誤った情報が拡散
  • 金融業界:ネオバンクや仮想通貨に関する会話が増加傾向に
  • EC・小売業界:オンラインショッピングの拡張や出荷遅延の問題が焦点に
  • 消費財業界:消費者のセルフケア志向が加速

最新のSNS分析事例にご興味のある方は是非レポートをダウンロードしてみて下さい!

http://bit.ly/3qoj37m

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]