「INBOUND2020」で発表されたHubSpotの最新アップデート情報をご紹介!

2020年9月22日、23日に開催されたHubSpot一大イベント「INBOUND」のイベントレポートです。CEO兼創業者とCPOによるキーノート、今後のアップデートの方向性、大型アップデート情報をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
本記事は、タービン・インタラクティブの公式サイトで公開している記事の一部を掲載しております。全文をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。
↓↓↓
INBOUND2020 HubSpot最新アップデート

こんにちは、タービン・インタラクティブです。

HubSpot恒例の大規模イベント「INBOUND 2020」が、現地時間の9月22日(火)〜23日(水)オンラインで開催されました。

HubSpot_INBOUND2020.png

初のオンライン開催ということで、どのような感じかわくわくしていましたが、ライブ配信時には、アバターが自分の代わりに会場に行っているような楽しいインターフェースになっていいました!

昨年のINBOUND2019では、「顧客体験の向上」をテーマに、大きなアップデートこそなかったものの、HubSpotを活用しているユーザーにとって、Marketing・Sales・Serviceの各Hubをより使いやすくする機能が拡充されました。

今年のINBOUND2020では、「powerful and easy to uesd」をテーマに、様々なアップデート情報が発表されました。特に、Sales Hub Enterpriseにて「カスタムオブジェクト」が実装されるという大型アップデートも発表されました。カスタムオブジェクトは、会社や業種に固有の情報を保存するために作成できるデータの箱です。今回このカスタムオブジェクトが実装されたことで、これまでよりもデータを活用した施策展開が可能になります。

この他にも様々なアップデートがありましたが、これよりINBOUND2020であったCEO兼創業者Brian HalliganとDharmesh Shah、CPO Christopher O’Donnellのキーノート、注目の大型アップデート情報をご紹介します。

2020年、HubSpotのメッセージ

今回のINBOUNDのキーノートは、メッセージ性の強いものでした。ここからはそのメッセージの内容を簡単にお伝えします。

------------

新型コロナウイルスの影響により、良くも悪くも人々の生活様式は変わってきています。2020年以降、少なくとも2,3年間は2019年以前のような生活に戻ることは難しいといわれています。

日常の業務においても、ZoomやSlackなどのコミュニケーションツールの導入により、仕事の仕方やリーダーシップの取り方、評価基準も変化しています。ビジネスそのものも、新しい生活様式の中で生き残っていくために、今までの企業文化をテクノロジーと上手に融合させていかなければなりません。これからの状況に柔軟に対応できる会社とできない会社は、大きく差が開くと予測されます。

HubSpotは顧客のニーズに合わせて変化しています。
2020年は新型コロナウイルスの影響もあり、顧客のニーズ・従業員の働き方も大きく変化しましたが、これまでのアップデートの方針から大きく変わった部分はありません。求められるスピード感や連携させるソフトウェアなど、引き続き時勢に合わせて対応させていくとともに、HubSpotはパワフルに、そして使いやすく進化させていきます。

------------

 

注目の大型アップデート情報

HubSpotは、オンラインにおけるマーケティング・営業活動に必要な基本的な機能を保有しています。そして、今回のアップデートで、今までよりもさらにパワフルで使いやすくなります。

購買体験を新しい生活様式の世界でどれだけ対応させることができるのか、それがこれから生き残っていくための鍵です。そのためには、顧客視点のビジネスが展開できるかどうか、CRM(顧客情報)が整備され、マーケティングに使用できるかなどが重要になります。直感的な操作性を大事にし現場での使いやすさに重視しつつ、CRMデータなどの連携を強化することでビジネスをスケールさせます。

その柱となるアップデートが、主に以下の5つです。

1.カスタムオブジェクト

様々なビジネスをCRMに接続させるためのスタンダートなオブジェクト(コンタクト、会社、取引チケット)は以前からもありましたが、サブスクリプション情報、送付先情報、など各企業のプロダクトに合わせた情報管理のニーズに対しては十分ではありませんでした。今回のカスタムオブジェクトの実装により、企業ごとに特異的なデータ管理も可能にします。また、通常のオブジェクトと同じ様にリスト条件やワークフロー、レポートでも使えるようになるため、マーケティング施策の幅も今までより広がります。

※全てのEnterpriseエディションで使用可能

2.ABM(アカウントベースドマーケティング)

ABMでは、企業データを用いて「企業」や「組織」単位でも見込み客を識別し、マーケティング活動を実施することができます。今回のアップデートでは、例えば商談に重要な決済権を所有している人、購買担当者と接点がある人といった情報をコンタクト情報にて管理することができるようになります。これにより、オンライン商談をより円滑に進めやすくなります。顧客視点のビジネスを展開していく際、このような重要な情報をコンタクト情報と連携させることは重要になってきます。

※ABMとは、マーケティング部門と営業部門が連携し、販売活動の優先順位が高い特定の企業(アカウント)に対してパーソナライズされた適切な購買体験を提供する戦略です。
※Marketing Hub、Sales HubそれぞれのProfessionalまたはEnterpriseエディションが対象です。既に実装されています。

3.AIを使っての最適化

HubSpotで営業活動の成果を最大化するためのセオリーは自動化やより高度なレポートでビジネスを分析しての改善施策を回していくことです。そのためには元となるデータの入力が必要不可欠です。しかしながら営業担当者は目標達成のため日々忙しく活動しており、CRMのデータ整備に当てる時間をとても嫌う傾向にあります。HubSpotはAIを使用して、そうした営業担当者の業務コストの削減もサポートしていきます。 例えば、Eメールの署名から自動で名前や会社の住所などを認識し、CRMのコンタクトや会社に追加してくれます(現状は英語、スペイン語、フランス語で書かれたEメールのみ対応)。このサポートにより1週間あたり平均して約1時間50分もの業務時間削減が見込まれます。

4.Sales Engagementツール

連続したEメールの送信や、フォローアップタスクの生成など決まったパターンの営業活動の自動化ができるシークエンス機能はこれまでにないほど使いやすくなりました。
タスク管理にはTodayビューが実装され、営業担当者はその日の自分のやるべきことの全てを1つのタブで管理できるホーム画面として使うことができます。TodayビューはHubSpotモバイルアプリからもアクセス可能です。
また、iOSとAndroidで使用できるHubSpotキーボードの公開も予定されています。ドキュメントやスニペット、ミーティングリンクなどHubSpot CRM上で使用している機能をSlackをはじめとする様々なアプリをまたいで使用可能になります。

5.マーケティングコンタクト

Marketing Hubの課金はCRMに登録されているコンタクト数によって変動しました。CRMとして使用している以上、中にはマーケティングEメールなどをはじめとするマーケティング施策の対象にしなくてもよいコンタクトも多く含まれている場合があります。 こちらのアップデート適用以降はマーケティング対象のコンタクトを指定し、マーケティングが必要な分のコンタクトに対してのみMarketing Hubとして課金することができます。

この他にもダッシュボードやレポート機能の拡充など、ビジネスをスケールさせるために必要なアップデートが行われていきます。

 

↓その他アップデート情報や今後の開発ロードマップについては、以下記事をチェック↓
INBOUND2020 HubSpot最新アップデート

 

↓INBOUND2020総集編レポート(資料)でイッキに読みたい方はこちら↓
『HubSpot完全ガイド INBOUND2020総集編』をダウンロードする

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アフィリエイト
広告商品の一種。 第三者のブロガーやメディアに商品の宣伝や販促をしてもらい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]