本気でSEOをするためのテクニカルSEOツールDeepCrawlの使い方:パート3(クロールの消費量を減らす)

テクニカルSEOの分析時間を大幅削減&クオリティアップするSEOツール「DeepCrawl」の使い方ガイドです。 クレジットを節約したい、クロールに費やす時間を減らしたいと考えている方は是非ご覧ください。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


”テクニカルSEOツール「DeepCrawl」の使い方”シリーズパート3、
「クロール制限をしてクレジット使用量を削減する」方法をご紹介いたします。

まだパート1~2をご覧いただいていない方は是非下記もご一緒にご覧ください。

【過去の記事はこちらから】

<パート1>

本気でSEOをするためのテクニカルSEOツール DeepCrawlの使い方:パート1 (クロールの設定方法)

<パート2>

本気でSEOをするためのテクニカルSEOツールDeepCrawlの使い方:パート2(クロールの問題を診断する)

 

サイトURL数が多くても、全てをクロールする必要はありません。

DeepCrawlの「クレジットを節約したい」または、「クロールに費やす時間を減らしたい」と思ったことはないでしょうか。

ウェブサイトの中にはSEO効果に直接的に結びつかないURL(意図的にnoindexを利用しているページ等)が存在していることがあります。

そのため、必ずしも全てのサイト内URL(ページ)をクロールする必要はありません。

クロール時間とクレジットを節約するためにできることとして挙げられる具体案は、特定のURLやサイトの深さなど、より細かい範囲に絞ることです。

これは”クロール設定のステップ3”の「クロール制限オプション」を使用するだけで簡単に設定することができます。
 

その他に記事内では下記の内容についても記載しております!

・レベルごとのクロール
・クロール制限に与える影響とは
・カスタムクロール制限を使用する
・一時停止またはファイナライズ

続きは以下よりお読みいただけます。
クロール制限を使用してクレジット使用量を削減する

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]