本気でSEOをするためのテクニカルSEOツール DeepCrawlの使い方:パート1 (クロールの設定方法)

テクニカルSEOの分析時間を大幅削減&クオリティアップするSEOツール「DeepCrawl」の使い方ガイドです。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

DeepCrawlでWebサイトを情報収集する方法.png

GMOTECH(株)はテクニカルSEOツール「DeepCrawl」の使い方ガイドを公開しました。

DeepCrawlでWebサイトを情報収集する方法

ウェブサイトの頻繁かつターゲットを絞ったクロールを実行することは、ウェブサイトの技術的な健全性を改善し、オーガニック検索順位を改善する重要な役割です。このガイドでは、DeepCrawlを使用してWebサイトを効率的かつ効果的にクロールする方法を学ぶことできます。Webサイトをクロールするための6つの手順は次の通りです。

ステップ1:URLソースの構成

DeepCrawlプロジェクトに含めることができるURLソースには6つのタイプがあります。各ソースを戦略的に含むことで効率的かつ包括的なクロールを行うことができます。

  1. Webクロール:リンクをより深いレベルに移動して、サイトのみをクロールします。
  2. サイトマップ:サイトマップのセット、およびそれらのサイトマップ内のURLをクロールします。これらのページのリンクは追跡もクロールもされません。
  3. 分析:分析ソースデータをアップロードし、URLをクロールして、リンクされていない可能性のあるサイト上の追加のランディングページを見つけます。分析データはさまざまなレポートでご利用頂けます。
  4. バックリンク:バックリンクのソースデータをアップロードし、URLをクロールして、サイト上のバックリンクを持つ追加のURLを見つけます。バックリンクデータはさまざまなレポートでご利用頂けます。
  5. URLリスト:URLの固定リストをクロールします。これらのページのリンクは追跡もクロールもされません。
  6. ログファイル:SplunkやLogz.ioのログファイルアナライザーツールからログファイルの概要データをアップロードする

理想としては、Webサイトは完全にクロールする必要があります(サイト上の全てのリンクされたURLを含む)。ただし、非常に大きなWebサイト、または多くのアーキテクチャ上の問題があるサイトは、すぐに完全にクロールできない場合があります。サイトの特定のセクションへのクロールを制限するか、特定のURLパターンを制限する必要のある場合があります

続きは下記からお読みいただけます。

https://www.deepcrawl.jp/knowledge/guides/how-crawl-website-with-deepcrawl/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]