「レジ袋有料化」によってコンビニの売上は減るのではないか?【マーケティング】

「レジ袋有料化」によってコンビニの売上は減るのではないか?【マーケティング】
よろしければこちらもご覧ください

2020年7月からレジ袋が有料化され、約3円がレジ袋を利用する際に必要となります。このレジ袋有料化はプラスチックゴミを削減することを目的に実施されたものですが賛否両論あるようですね。しかし、この記事ではそのようなレジ袋はプラスチックゴミ削減につながるのか?という議論はしません。それよりも、レジ袋有料化による売上に対する影響について書いてみたいと思っています。

というのも、このレジ袋有料化はコンビニなどの小売店の売上を減少させる可能性があると考えているからです。先日私は下記のような経験をしました。7月に入りレジ袋が有料化されることを知っていた私はコンビニに入りいくつかの商品をカゴに入れてレジに並んでいました。するとふと思ったのです。

「これ両手で持ちきれないなぁ。レジ袋が有料化されたから少し商品減らしておくか」

続きはこちらから「「レジ袋有料化」によってコンビニの売上は減るのではないか?【マーケティング】」

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]