【画像で解説】Twitter広告とは?費用やターゲティング方法と活用事例を徹底解説

今回の記事では、Twitter 広告の基本情報についてまとめました。費用や仕組み、活用事例などを画像付きでわかりやすく解説しています!検索広告や他の SNS 広告ではリーチできない層へアプローチができるのが Twitter 広告の強みです。自社サービスプロモーションの一施策としてご検討してみてはいかがでしょうか。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。


Twitter広告とは

Twitter広告とは、Twitter のタイムラインや検索結果に出すことができる広告です。広告メニューはプロモツイート、プロモアカウント、プロモトレンドの3種類がありそれぞれユーザーへの見え方や表示される場所が異なります。

Twitter の日本での月間利用者数は、2017年10月27日の時点で4,500万人。2018年以降は公式発表はありません。

世界での月間アクティブユーザーは2019年1Q時点で3.3億人、その内6,800万人が Twitterの本社のあるアメリカです。日本の月間利用者数はこれと比較してもそれなりに多く、いかに日本での Twitter の利用者が多いかがわかります。

参考:@TwitterIR|Q1 2019 Earnings Report

また、Twitter の新機能テストでもアメリカと日本が先行して行われるなど、アメリカ Twitter 社における、日本の Twitter 社への期待も高いことから、今後も広告を含む改善が積極的におこなわれるだろうと予測することができます。

参考:Twitter公式ブログ|会話をもっと管理しやすく:日本・米国・カナダでのテストを経て全世界で公開へ

Twitter広告の特徴

Twitter 広告は他の SNS に比べ、二次拡散性が高いと言えます。リツイートと呼ばれる他のアカウントのツイートを共有する機能を使うことで、自分のことをフォローしている人に、自分が共有したいツイートを流すことができます。

このリツイートにコメントをつけて共有することができる引用リツイートも二次拡散を高めている要因でもあります。



また2017年頃から実装された、自分がいいねを押したツイートがフォロワーのタイムライン上に共有される仕様も二次拡散を促しています。

二次拡散されたツイートは、広告費をかけずに他の多くの人に見てもらえるので、Twitter 広告を出稿する際は、いいねが押されたり、共有されるような(リツイートされるような)クリエイティブを意識すると良いでしょう。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]