WordPressのバージョンアップは任せてしまおう

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「WordPressのバージョンアップは任せてしまおう」を公開しました。

###

こんにちは、菱沼です。
前回、WordPressユーザーが利用しているWordPressとPHPのバージョンに関する統計をご紹介しました。さらにその前にはWordPressを取り巻く脆弱性に関するデータについて取り上げました。
前回までにご紹介したデータはWordPressを取り巻く現状についてのデータをご紹介したものになります。バージョンアップには脆弱性への対処が含まれているため、できる限り早く適用したいところですが、予算や工数、動作への不安などを考えるとなかなか手をかけられないというケースは多々あります。
「今は問題がなくても、いつ脆弱性の危機にさらされるかわからない」、「古いバージョンのものはいつかサポートが行われなくなる」といったように、バージョンアップをしていない企業のすべてが何も不安を抱いていないかと言えばそうではないと思います。
今回はそうした何かあったときのためのサポートを外部に求めた事例をご紹介します。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3685

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]