新型コロナウイルスという試練に対するオープンソースの力

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「新型コロナウイルスという試練に対するオープンソースの力」を公開しました。

###

すでにいろいろなメディアで報道されていますが、東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトに関して「オープンソースの力」を感じることができましたので、ご紹介したいと思います。

目次  
1. 元ヤフー社長の副知事がリーダー
2. GitHubへのソースコード公開による広がり
3. アジャイル開発で日々改善
4. 分散コンピューティングプロジェクト「Folding@home

元ヤフー社長の副知事がリーダー
 2月26日に東京都は、日々感染者数が増えていく中で、いかに迅速に情報を都民に届けていくかが最重要な課題と考え、元ヤフー社長の宮坂副知事(@miyasaka)をリーダとして特別広報チームを立ち上げました。
そこで東京都は、情報技術を活用して全国の自治体やコミュニティと地域課題解決に取り組む一般社団法人「コード・フォー・ジャパン」に開発を依頼しました。「コード・フォー・ジャパン」は、開発を始めた翌日には、すぐにサイト公開までこぎ着け、現在も改良を続けながら、公開しています。
 今回の取り組みの特徴は、開発したソースコードをGitHubでオープンソースとして公開したことです(*3)。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3688

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]