2020年に向けて、最近気になるカラーのWebデザイン紹介

2019年最後のコラムは、気になるカラーのWebデザインサイトのご紹介です。 来年もお役に立てるような情報を配信いたします。お楽しみに☆
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

PANTONEが、2020年の「カラー・オブ・ザ・イヤー」を発表しました。
2020年はPANTONE 19-4052 Classic Blue(クラシック・ブルー)です。
「Classic Blue」は、シンプルさの中にエレガントさを持つ、時代を超越した永続的な色合いで、夕暮れの空を連想させ、安心感をもたらす性質は、新しい時代への入り口を超える時に、信頼できる安定した基盤に対する欲求を表しているそうです。
参考:https://www.pantone-store.jp/coy2020/index.html
深みのあるブルーは、寒色ではありますが、落ち着きがあり安定感があるので、幅広く受け入れられそうな印象がありますね。日本でも好まれそうな色味なので、様々なシーンで使われるのではないでしょうか。
 

ちなみに2019年の色は「Living Coral」生き生きとした肯定的なサンゴの色合いでした。はじめて見たときは、なかなか難しい色かなと思いましたが、ポジティブではつらつとしたイメージでありながら、温かみがあり、個人的には好きな色でした。

 

このように、PANTONEは、1999年から、ファッションやグラフィック、パッケージデザイン、インテリア、美容、ソーシャルメディアなどさまざまな分野を分析し「カラー・オブ・ザ・イヤー」を発表しています。毎年12月に発表されるのですが、次の年はどんな色がくるか楽しみです。

 

カラーの与える影響力はとても大きく、その重要性はWebデザインにとっても、とても大きいものですよね。
そこで今回は、コーラル系の色をうまく取り入れたサイトも含め、個性的なカラーリングがとても良いサイトをいくつかご紹介します。

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w004_201912.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]