2020年に向けて、最近気になるWebデザインのご紹介

海外のWebサイトでは、イラストやタイポグラフィをメインに使ったデザインが増えているようですが、さて2020年のトレンドはどんなものがあるのでしょうか。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

12月に突入し、2019年もいよいよあと僅かとなりました。
平成から令和に変わって半年、ようやく令和という元号になれてきたなという今日この頃ですが、もう、2020年のWebデザイントレンドの話がちらほら聞こえてくるようになりました。

日々のテクノロジーの進化により、Web表現で出来ることが増え、以前はグラフィックデザインでしか出来なかった表現をWebデザインに取り入れ、更にWebならではの動きを加えるなど、新しい表現が見られることは嬉しいことです。

 

2019年のWebデザインのトレンドを振り返ると、「流体シェイプ」、「アイソメトリックイラスト」、「明るく鮮やかな配色」、「ノングリッドデザイン」、「太字のタイポグラフィ表現」などがとり上げられ、これらを採用したWebサイトも多く見られるようになってきました。これらのトレンドは2019年で終わるものではないので、この中のいくつかは、2020年にも引き続き採用されるものもあるでしょう。特に、海外のWebサイトでは、イラストやタイポグラフィをメインに使った表現が増えてきているように感じます。

 

そんな中、今回は、特にトレンドとして取り上げられてはいないのですが、個人的に新しい表現だと思い、2020年のトレンドに繋がりそうだと感じた、魅力的なWebサイトをご紹介します。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w004_201911.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索連動型広告
検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]