LINE公式アカウントで配信できるメッセージの種類【Feedmatic Blog】

LINE公式アカウントの基本機能としてのメッセージからMessaging APIの活用やオプション機能まで様々な種類のメッセージを紹介しています。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

LINE公式アカウントを通じてユーザーとのコミュニケーションに活用されているメッセージ配信。みなさんは、LINEのメッセージ配信をどのように活用されていますか?

一言で”メッセージ”といっても、LINE公式アカウントの基本機能としてのメッセージからMessaging APIの活用やオプション機能まで様々な種類のメッセージが提供されており、活用シーンや目的にあわせてそれぞれ使い分けることによってユーザーとのエンゲージメントをより高めることに繋がります

今回、Feedmatic Blog( https://blog.feedmatic.net/ )では、LINE公式アカウント運用者が知っておきたいLINEのメッセージの種類を、活用シーン・活用事例を交えてご紹介しています。

[Feedmatic Blog] LINE公式アカウント運用者が知っておきたいLINEのメッセージの種類(機能編)
https://blog.feedmatic.net/201910_line-official-account-types-of-messages/

▼記事の一部をご紹介▼

リッチかつ操作性の高いメッセージOne to Oneメッセージ配信を可能にするMessaging API

Messaging APIを活用したメッセージ配信では、LINEの管理画面を介さずに、ユーザーを特定したメッセージの送受信(One to Oneメッセージ)が可能で、かつLINEのトーク上で取得したデータや企業の保有するデータを活用することで、パーソナライズなコミュニケーションを行うことができます

また、Messaging APIには、複数の要素を組み合わせてHTMLに近い感覚でレイアウトを自由にカスタマイズできるFlex MessageやLINEアプリのトークルーム内で動作するウェブアプリの実装を可能にするLINE Front-end Framework(LIFF)など、様々な機能が提供されており、基本機能だけでは実現できない、より柔軟かつリッチかつ操作性の高いコンテンツの提供が可能となります。

目次をご紹介

  • メッセージ機能
  • 自動応答メッセージ
    • 自動応答機能
    • キーワード応答機能
    • シンプルQ&A(スマートチャット)
  • LINEチャット機能(旧1:1トーク)
  • リッチメッセージ
  • リッチビデオメッセージ
  • セグメントメッセージ
  • リッチかつ操作性の高いメッセージOne to Oneメッセージ配信を可能にするMessaging API
  • 通知メッセージ

[Feedmatic Blog] LINE公式アカウント運用者が知っておきたいLINEのメッセージの種類(機能編)
https://blog.feedmatic.net/201910_line-official-account-types-of-messages/ )

Feedmatic Blogとは

Feedmatic Blogとは、株式会社フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログ」です。

変化の激しいデジタルマーケティングの世界で様々な手法を模索中のマーケターに向けて、日々有益な情報を発信しています。

Feedmatic Blog:https://blog.feedmatic.net/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]