経営判断に必要な分析データの集計からBIツール ”Actionista!”へのデータ取込までシームレスに連携【ノン・コーディングでできる簡単データ連携事例】

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連載。今回は、総合建設業A社様のASTERIA Warp Core導入事例をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください

総合建設業A社は日々発生する多様なデータを分析し、経営会議で分析結果の共有を行っていた。各部門から提出される様々なフォーマットの資料から必要データを抽出して分析用Excelファイルを作成していたが、転記する作業をすべて手作業で行っていたため、データ集計作業に数日要し、転記ミスも発生していた。また、多くの計算処理をExcel内のマクロで行っていたため、処理時間の増加やファイルの肥大化を招き、それらのメンテナンスやカスタマイズも困難であった。さらに今後インターフェースの異なるデータ連携を想定していたため、開発費用や製品費用を抑えながらも拡張可能なツールが求められた。

ASTERIA Warp Coreを導入することで、約3万レコードある分析データ集計作業をすべて自動化し、実行ボタンのクリックだけで分析結果の確認が可能に。同時にファイルの肥大化が解消され、データ加工・計算処理をアイコンによる可視化と、誰でも容易にカスタマイズ可能に。開発工数とライセンス費用を抑えることで導入コストを大きく削減することができた。

今後は基幹システムなど他システムと連携させ、データ連携基盤として活用していくとのことだ。

▼詳細を読む>>
https://www.asteria.com/jp/warp/case/c_gconstA/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]