データ集計作業から解放!Google Analyticsから複数サイトのページビューを自動集計してみた!

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連携デモ。今回はASTERIA WarpとGoogle Analyticsアダプターを使った自動集計をご紹介。
よろしければこちらもご覧ください

こんにちは。 アステリアのチャです。

今回は「Google Analytics」との連携でマーケティング部の業務自動化をお手伝いしたので、ご紹介します。

コーポレートサイト、IRサイト、採用サイト、製品・サービスのサイトなど、複数のウェブサイトを運用している企業は多いかと思います。サイトごとに担当者がいる場合は、その担当サイトのGoogle Analyticsデータを確認していればよいですが、会社としては全てのWebトラフィックを一目で把握したいものです。

弊社でも製品ごとにウェブサイトが分かれており、担当も別々です。さらにコーポレートサイトには、IRや製品サイトの一部も含まれているため、カテゴリごとのWebトラフィックデータを出すにはフィルターをしていかなければなりません。

その数は、サイトとカテゴリ合わせて23種類!

その複数ウェブサイトのページビュー数を毎月Google Analyticsより取得しレポートを作成していますが、それぞれのGoogle Analyticsアカウントを毎回確認しにいかなければならないので、手間と時間がかかってしまいます。

そこで、この集計作業の自動化をお手伝い!

「Google アナリティクスアダプター」を使えば、サクッと作れてしまいます。 

 

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.asteria.com/jp/warp/20190731/50780.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス