人材募集用のWebページに必要な要素とは?

採用サイトなど、人材募集用のWebページに適したコンテンツについてまとめました。

 

リクルートワークス研究所の調べによると、2019年3月卒業予定の大卒求人倍率は1.88倍。しかし、300人未満の企業(中小企業)は9.91倍と、中小企業にとっての新卒採用はとくに難しい状況であることがわかります。

 

人材不足が深刻化し、求人市場が転機を迎えようとしている現在。優秀な人材を確保するために、採用活動の工夫や戦略が一層求められています。そこで今回は、採用サイトなど、人材募集用のWebページに適したコンテンツについてまとめました。

合わせて読みたい:
コーポレートサイトに必要なコンテンツとは

【事例付き】製造業のホームページに必要なコンテンツを考える
 

目次

採用効率を上げるオリジナルの人材募集サイト

  1. 自社採用サイトを展開するメリット

採用ホームページに適したコンテンツ例

  1. 募集企業に関するコンテンツ
  2. 欲しい人材に関するコンテンツ
  3. 待遇に関するコンテンツ

自社の目的にあった人材募集コンテンツを企画しよう

続きはこちらから↓(全文無料)
人材募集用のWebページに必要な要素とは?

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]