翻訳会社アレこれ~Vol.24 意外な結果を知るネガティブチエック~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「校正」のご依頼については以前にもお話ししたことがありますが、先日英文社名のチェックをして欲しいとのご相談を受けました。
通常だと商品やブランド名、サービス名称、タグライン、スローガンなどがほとんどで、社名というのはあまりお受けしたことがないため、商標的なことは専門外とお伝えしたところ、いろいろなアプローチで英文社名案を提案するので、事前に英文の良し悪しを確認したいということで、それならばとネガティブチェックをお勧めしたところ、是非お願いしたいということになりました。

ネガティブチェックとは、文字通り英語としてネガティブなイメージがないかを事前に検証するものですが、日本ではよく知られた商品やブランド名、アニメタイトルなどでも、海外では全く異なった名称となっている理由は、すべてこのネイティブチェックによるもので、現地ではそのまま使用できない「いわくつき」の名称となってしまうからなのです。

 

シトラスジャパンの校正内容は、だいたい以下の1~4のチェック項目をベースに、ご要望に応じて追加オプションを加えています。

 

▼詳しくはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l001_201906.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ASP
「ASP」には、「Application Service Provider」(ア ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]