SIX2019から見えてくる日本のAIの最前線

SIX2019から見えてくる日本のAIの最前線
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社ABEJA(アベジャ)は3月4日〜5日、都内でイベント「SIX 2019」を開催。事前にかなり広告も投下して集客をはかった国内でも大規模なAIイベント。61のセッション(講演)を設け、参加登録で8000名超、予定来場者も5200名を数える規模となりました。ABEJAはディープラーニングを活用したAIの社会実装を展開する会社。「AIの民主化」を掲げて、広くAI環境が利用できるAIプラットフォーム(クラウドサービス)の提供やディープラーニング関連技術、システム開発を行っています。そのABEJAが主催したSIX2019から見えてくる日本のAIの最前線をオンラインメディアの記事をピックアップして紹介します。

SIX2019から見えてくる日本のAIの最前線

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]