そもそも離反率を下げるマーケティングは本質的なのか?

そもそも離反率を下げるマーケティングは本質的なのか?
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

『新規顧客1人を獲得するためには、既存顧客1人を維持するために必要な費用の5倍を要する。』という法則は、1990年にハーバードビジネスレビューに寄稿されたライクヘルドとサッサーの論文がもとになっている。しかし、この主張は実際に実験を行ったものではない。あくまで頭の中で行った仮想実験である。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]