悩ましいカタカナ語 ~アルバイト、パート、フリーター。外国人にどう説明しますか?~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

求人情報誌などでよく目にする、

アルバイト、パート、フリーター歓迎」。

 

日本語をよく知らない外国人がこれを見て、あなたに説明を求めてきたら、どう答えますか?
ある程度の年齢の日本人なら、三者の違いを難なく認識できるでしょう。
いまさら言うまでもないと思いますが、ちょっと整理してみたいと思います。

アルバイトという語は、ドイツ語で「仕事」を意味する名詞のArbeitに由来し、明治時代に学生の間で使われていた隠語が一般に誤って広まったものだそうです。だから、いまだに学生が勉強のかたわらにする仕事、またはそういう働き方をする学生のイメージがあります。

次にパートという語ですが、これはパートタイムの略で、フルタイムの対義語として使われています。フルタイムで働く正社員の労働時間よりも短い時間の雇用形態で働くこと、およびその人を指しますが、何となく、主婦向けというイメージが持たれていますよね。

アルバイト・パートという言葉は・・・

 

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l011_201902.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]