2018年マンガアプリ1位『LINEマンガ』 売上高218億達成、LINEがマンガアプリ市場の 57.4%占有

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2018年マンガアプリ1位『LINEマンガ』 売上高218億達成

 

2018年売上1位マンガアプリ『LINEマンガ』は、売上高218億円を記録しました。『LINEマンガ』に続く売上2位『ピッコマ』は、今年売上57億円を達成、売上3位になった『少年ジャンプ』は、売上24億の売上を出しました。

 

 

一方、2018年マンガアプリ市場売上をマンガアプリの運営会社で分析した結果、これまで漫画本の出版社以上に、IT会社のマンガアプリ市場の売上シェア率が目立ちました。

 

 

『LINEマンガ』を運営中のLINEは、2018年マンガアプリ市場売上の57.4%を占め、マンガアプリ市場シェア率1位会社になりました。2位のKAKAO JAPANは14.7%、3位の集英社は S6.3%を占めました。

 
レポート全文はこちらのページからご覧になれます。 

http://www.mobileindex.com/report/report_view.asp?s=74

 

<2018年マンガアプリ総決算>

1. 2018年マンガアプリ市場の分析
2. 2018年マンガアプリ運営会社の売上分析
3. 2018年マンガアプリ売上ランキングTOP 10

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]