『FGO』、リリース後3年ぶりにモンストを超え、1位にランクイン

2018年上半期モバイルゲーム売上トップ10
よろしければこちらもご覧ください

 

2018年上半期(1月~6月)の個別タイトルの売上1位~10を分析しました。売上1位は『Fate/Grand Oder(以下、FGO)』でした。

『FGO』は 2015年8月12日リリース後、3年ぶりに不動の1位 『モンスターストライク(以下、モンスト)』の超え、2018年上半期、売上1位に輝き、2017年上半期売上、491億円から578億円に売上が伸びました。

『モンストは』 2017年上半期売上1位でしたが、 (売上高: 623億円) 今年上半期の売上は576億円で、売上2位になりました。
 

 

6位~10位では新しくランクインされたタイトルの躍進が注目を浴びました。『荒野行動-『Knives Out』』が7位『Pokemon GO』が8位『リネージュ2レボリューション』が10位に登場しました。

一方、2017年上半期に売上7位だった『アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ』、9位の『ファイアーエムブレム』、10位の「LINEポコポコ」の場合、10位以内にランクインできませんでした。

 

モバイルゲームをサービスしているパブリッシャーの売上を分析しました。2018年上半期売上1位のパブリッシャーはAniplexで、641億円の売上を記録しました。

昨年同期売上2位だったAniplexは主要タイトル『FGO』の売上増加の影響により、売上が伸びました。2位のパブリッシャーはXFLAGで売上高、576円になりました。

 

 

NetEase Gamesはパブリッシャー売上6位~10位で一番存在感を出していました。同社は2018年上半期パブリッシャー売上ランキング9位を記録、主要タイトル『荒野行動』のブレイクがこの成長を支えました。

一方2017年上半期パブリッシャーランキング9位だったDeNAは10位以内にランキングできませんでした。

 *目次

<2018年上半期モバイルゲーム売上トップ10>

1. 2017年上半期 VS 2018年上半期の売上比較

2. 2018年上半期パブリッシャー売上TOP10

3. 2018年上半期のモバイルゲーム売上TOP10 

 

 

詳細は下記のリンクからご覧になれます。

http://www.mobileindex.com/report/report_view.asp?s=51

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス