ランディングページって何?~Webサイトとランディングページの違いとは 前編~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

ランディンページという言葉、Webサイト運用にかかわっている方ならよく耳にすると思いますが、イマイチイメージ出来なかったり、何となくはわかるけれど理解できていない方も少なくないと思います。そこで今回は、一般のWebサイトとの違いとあわせてご説明したいと思います。

 

ランディングページとは

広義での「ランディングページ」とは、 ユーザーが 検索エンジンあるいは 広告などから最初にアクセスした ページのことを指します。
あるユーザーがあなたのサイトのトップページから入ってきたら、トップページがランディングページとなり、検索エンジンからコラム記事ページにアクセスしたら、コラム記事ページがランディングページとなります。Googleアナリティクスの「行動 → サイトコンテンツ → ランディングページ」で見られるのも、この広義のランディングページです。一方、狭義での「ランディングページ」とは、検索エンジン、web広告などのリンクをクリックした遷移した先にある、申込や販売などに特化した一枚のページを指します。今回お話しさせていただくのは...
 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w008_201810.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]