RFM分析を応用して優良見込顧客を見つけ出す方法

RFM分析を応用して優良見込顧客を見つけ出す方法
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

顧客セグメントをどう切るかによってマーケティングの成果に大きく影響する。

顧客セグメントが下手だとどんなに施策の企画に時間とコストをかけても効果的な施策にならないのは当然です。区別したグループに様々な価値観の人が混在してしまうためにそのグループのほんの一部の人にしか刺さらないからです。逆に顧客セグメントが上手だと効果的な施策になるのも当然です。区別したグループには、ある同じ特徴を持った人たちがいるわけですから、あとはその特徴を持った人たちに刺さる施策を考えればいいからです。もちろん、そう簡単に刺さる施策を考えつくわけではありませんが、しかし、正しい顧客セグメントが出来ていない状態では、どんなに施策に力を入れても無駄になってしまいます。

 

サイトへのアクセス総数で顧客セグメントしても意味はない。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

LTV
LTVとは、顧客が企業やブランドと継続的に取引を行うことで、顧客が企業にもたらす ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]