よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

以前、「SSLを導入しない危険性とは」で解説させていただきました常時SSLに移行する期限が、とうとう迫ってきています。
2018年2月にGoogleから公式発表がありましたが、2018年7月24日にリリースした「Chrome68」から、すべての非SSLページで「保護されていません」という警告を表示することになったのです。

2017年1月にリリースされた「Chrome56」からは、パスワードやクレジットカード情報を送信する非SSLページについて、アドレスバーの左に「保護されていない通信」と表示されるようになっていますが、この表示範囲が拡大することになりました。さらに、2018年10月の「Chrome70」以降になると、非SSLページでは現在の灰色の文字に代わって、赤文字と赤アイコンでさらに目立つ「保護されていない通信」の警告が出るようになります。
 

いやいや、自分のサイトはSSLに対応しているから安心・・・という方、
本当に信頼されているSSL証明書をご利用でしょうか?2017年9月、Googleは・・・

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w003_201808.html

 


 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]