GoogleのLighthouseで、上場企業の3,198サイトをチェック!5大項目の平均点を発表します

116項目を自動でチェックしてくれるWebサイト監査ツールのLighthouseで、上場企業3,198サイトをチェックしてみました
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Webサイトの定期点検ってしていますか?車やバイクであれば、車検があるのでそのタイミングで点検されます。しかし、WebサイトはまだJIS規格もないので、運営している方々が自分で点検するというのが一般的です。

Googleが提供するWebサイト監査ツールのLighthouse

少し前になりますが、Google I/O 2018の中で、Lighthouse3.0が発表されました。今までよりも監査項目が増え、さらに実行パフォーマンスが向上しており、非常に利用しやすいツールに仕上がっています。まだアルファ版なのですが、特に問題なく利用できています。

チェックしてくれる項目は、大分類で5つ、全部で116項目もあります。

  1. パフォーマンス
  2. PWA
  3. アクセシビリティ
  4. ベストプラクティス
  5. SEO

アクセシビリティとSEOは、非常に基本的な項目をチェックしてくれます。弊社のコーポレートサイトをチェックした結果はこんな感じでした( https://blog.ideamans.com/assets/200-result1.png

  1. パフォーマンス 60点
  2. PWA 100点
  3. アクセシビリティ 100点
  4. ベストプラクティス 100点
  5. SEO 100点

もちろん、チューニング後の結果です(笑)。各項目でそこそこ点数はよかったものの、やり始めると100点を取りたくなってしまうわけで、がんばった結果ここまで点数が伸びました。パフォーマンスが60点ですが、ここを100点とるのはなかなか難しいということもわかりました。

上場企業3,198社のコーポレートサイトの平均値はこれだ

では、上場企業3,198社のコーポレートサイトをチェックしてみましたので、その平均値を発表します。

  1. パフォーマンス 平均54.8点
  2. PWA 平均28.2点
  3. アクセシビリティ 平均68.36点
  4. ベストプラクティス 平均60.5点
  5. SEO 平均88.5点

アクセシビリティとSEOは、比較的得点が高めの傾向が強かったです。上場企業のコーポレートサイトなので、このあたりはしっかりしてるという感覚が伝わてきました。PWAについては、まだ未対応なサイトが多い状況です。ここも、今年〜来年には対応が必要な状況になると考えています。

詳細な内容はブログにも書いていますので、ぜひチェックしてみてください。
https://blog.ideamans.com/2018/06/mobilebench-jpx-markets.html

最後に

今回から、このWeb担でいろいろ書いていきます。表示高速化や画像最適化、Movable TypeなどのCMSネタなどが中心となっていくと思いますので、なにかあればぜひご連絡くださいませ!

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]